大食いまつ毛デザイナー ナオミ・キャンベルのブログ

【撃沈】ついてない日々に戸惑いながら…プノンペン〜コンポントムへ

2017.11.22

Category - 

カンボジア滞在1週間が過ぎました。

初めてのカンボジアということで寺院観光や歴史に関する博物館などを訪れたりしています。
プノンペンではS21とキリングフィールドを訪れました。言葉で表せない弔いの気持ちと、見学してる間ずっと鳥肌が治まりませんでした。今もトゥクトゥクのドライバーとか屋台のおばちゃんとか、だいたい40歳以上の人はその時のことを知っている人達で。とても数十年前に大量虐殺が起きた国とは信じがたいけどそれが事実としてあるんだなと。。。
シェムリアップではご縁があって孤児院にカットしに行きました。
なんだかカンボジアに来てからすっきりしない気持ちで毎日過ごしています。
来年はまずアジアのどこかに拠点を移そうと話していますが、場所と目的について色々とモヤモヤして手探りな状態です。

同じ様な気持ちを旦那が書いていました→(善意のボランティアなら何しても許されるという勘違い。負担をかけ環境を壊してしまう事もある。 
ところで私カンボジアに来てからホントについてなさすぎて困ってます。
まずカンボジアに来る前に東京〜大阪の夜行バス乗る時に韓国人らしき人にぶつかられて携帯ぶっ飛ばされてアウトカメラ割れました…。弁償してもらおうと思って叫んで呼びかけたけど、走ったままどっかに消えてしまった…。
最近流行ってる携帯の後につけるリング早くつけておくべきだったと後悔…。
入国ではVISA必須のカンボジアにビザなし・VISA申請料なしできてしまう件で今年一焦った…。→カンボジアはビザが必須!日本出国後現地で取得する一番安くて簡単な方法 
続いてシェムリアップでは借りたチャリのカギ紛失…。弁償にはなりませんでしたがなんかついてないなとこの時から思い始める。
おまけにシェムリアップからプノンペンに移動する夜行バスに乗る時には宿に携帯を充電しっぱなしで忘れてきてしまいました。
(出発までの数十分の間に近くのコンビニのWi-Fiを拾い旦那の携帯で宿の人に連絡し、優しいスタッフさんがバス乗り場まで届けてくれました…感謝してもしきれない。涙)
おかげでこうして今もブログ書いて割れたカメラで写メ撮ってアップできています。
旦那には「一人だったらどうしてたの?それで仕事してんでしょ?」と指摘されましたがごもっともすぎて言い返す言葉がありませんでした。
一人だったら夜行バス見送ってたな…と思った…。
携帯首から常に下げとこうかなと思ったけど東南アジアじゃ逆に危ないし(泣)
さらにプノンペンに着いて泊まった宿ではトイレのレバーを壊してしまった…。(って言ってもあれは老朽化が進んでいて決して私のせいではなくタイミングのはず)
おかげさまでそこに泊まってる間はトイレに行きたい時は三階から1回まで毎回降りて足がだいぶ鍛えられた気が…。旦那は部屋のトイレで便器の後ろのフタ開けてレバー引っ張って流してたけど私には出来なかった…。この人ほんとどこでも生きていけるなと感心した。
さらに次の日はカジノに行って2人で負け散らして帰ってくる結果になるし。マカオでの教訓全く活きてない。ただその後旦那の機嫌が悪くなるという悪夢も再来。
そして今日はプノンペンから行くバスの行き先をミスって選択。コンポントムに行くのにコンポンチャム行きに間違って乗る所でした。たまたま運転手さんと話してるときに側にいてくれたから良かったけど一人だったら確実にコンポンチャムに行ってたオチ…。ちなみにコンポンチャムの宿もちゃっかり取ってた…。
なんかほんとついてない…。
運気が上がるおまじないでもしようかな。
とりあえずここまでついてないので盗難、紛失だけには気を張って生活しています。もともと盗難は気をつけて行動してますが紛失も気をつけないと…。
プノンペンに来てから現地に住んでる美容師さんにお会いして現地のことを色々聞いていたのですが、1ヶ月で日本人が盗難(ひったくり)などにあった届け出が30件もあったそうです。おそらく届け出出してない人もいるので倍くらいだろうと。。。
カバン斜めがけにしてても遭うときもあるそうで、なるべく道路側歩かないとか、必要なもの以外は宿に置いていくとかしなきゃいけないんだなと再実感。
日本に帰るまでにもうこれ以上何も起きませんように…。
今は無事コンポントムに向かうバスに揺られ移動しています。

コンポントムの近くには今年世界遺産に登録されたサンボープレイクックという土地を訪れる予定です!!
田舎に行けるのがとても楽しみです。現地の人と出会えるといいな。
どうか次の宿は虫がたくさん出ませんように……

スポンサーリンク

         

料金はこちら

カテゴリー