マツエクの施術時間と流れ、来店前のお化粧についての疑問を解消します!

今日はマツエクの施術の流れとかかる時間についてお伝えしようと思います。

初めてマツエクサロンに行く方や、当日どのくらい時間がかかるのか気になる方にも是非読んで頂きたいと思います★




マツエクの施術の流れ

まずマツエクの施術の流れとしては、

【カウンセリング】 初めにアレルギーの確認や、デザインについてのご相談、エクステのカールや長さの選定などを決めていきます。 決まったらベットを倒して施術を開始していきます!

【テーピング】

医療用のテープのと保護用の和紙テープ二種類を使ってテーピングします。上に2枚貼るテープは上まつげを立たせ、マツエクの施術がしやすいように固定するものです。アンダーテープは、下まつげが間違って上まつげに絡まないように固定するものです。

医療用のテープの上に、ツイザー(ピンセット)からの保護のために和紙テープを貼ります。

片目6枚、計12枚のテープを使用しエクステがつけやすい施術環境を作ります。 施術者から「テープ違和感ないですか?」とお声掛けがあると思いますが、このときに少しでも違和感を感じたり、粘膜に当たっている感じがあれば施術者に貼り直してもらうことをオススメします。施術中ずっと気になってしまうので。

【プレケア】

テーピングが終わったらプレケアに入ります。プレケアに使用する道具は人によって様々ですが、私は前処理剤のみを使用しています。

まつげの下にコットンを敷き、前処理剤を綿棒につけて根元から毛先まで余分な皮脂や汚れを取り除きます。 プレケアのときにゴミが残っていたり、油分がしっかり取れていないとマツエクのモチが悪くなってしまいます。すぐとれるなどのクレームはこのプレケアがしっかり出来ていなかった時に起こりやすいです。

【施術開始】 グルーと呼ばれる専用の接着剤を使用し、エクステを装着していきます。 左手のツイザーでまつげを掻き分けて右手のツイザーでエクステの毛を取り、グルーに浸し、独立させた自まつげ1本に、1本のエクステを付けていきます。

皮膚には絶対につかないように、1.5〜2ミリ離して装着していきます。 エクステについているグルーをまつげにスライドし、ぴったりとまつげの根本とエクステのカーブを合せて根本が浮かないように。

マツエク施術はこの動作の繰り返しです。

100本なら100回、140本なら140回この動作を繰り返します。 お客様はずっと目をつむっている状態なので眠たくなってくると思います。マツエクの施術の時は寝て頂いても大丈夫ですし、お話して頂いてももちろん大丈夫です。

ただ、あまりに寝不足だと普段沁みないグルーも沁みやすくなってしまうことがあります。前日は、睡眠を十分に取られることをオススメします。 また、お話するのも大丈夫ですがあまりに笑いすぎてしまうとテープがずれてしまったり乾いてないまつげがひっついてしまったりするので、爆笑は禁物です。

マツエクの装着方法にはそんなに多くの種類はありません。基本的には側面付け、上付け、下付け、絡め付けの4方法が主です。

技術者によってマツエクのモチが違うのは、エクステを装着する毛やグルーの適正量の見極めだったり、スライドの仕方などが挙げられます。

【最終チェック】 オーダーの本数分つけ終わったら最終チェック…まつげとまつげが合体していないか、自まつげがエクステと絡まって巻き込まれて装着されていないか、根本の浮きはないか、根本位置は正しいか、毛先の方向はおかしくないか、本数はきちんとついているかを確認します。

そして下まつげと絡んでいないかもしっかりとチェックして、乾かしていきます。

最後にコーティング剤を塗ってテープを外して施術終了です。 その後ベットを起こしてアフターケアのご説明、次回来店周期のお伝え、お会計になります。

施術にかかる時間

ではそのマツエクの施術にかかる時間とは??

こちらは施術でつける本数によってもかわってきます。また、オフがあるのかないのか、初めてのご来店なのかどうか、、、状況で時間は変わります。

あくまで私の例ですが、 100本〜120本→1時間 140〜160本→1時間半 160〜200本→2時間以内 ここに、リムーブやリペアの場合はプラス15分、初めての方はカウンセリングでプラス10分くらいの目安の時間を頂いています。

メイクはしていっていいの?!

初めてマツエクサロンに行く時メイクをして行っていいのかが悩ましいと思います。

ビューラー、マスカラ以外のメイクは基本OKです!! アイラインも大丈夫ですが、ペンシルなどで粘膜を埋めたりまつげの隙間に埋まるようだとプレケアで取り切れないとモチが悪くなる場合があるので控えて頂いたほうがいいです。

アイシャドウも大丈夫ですが、テープを貼る際に粘着が悪いと少しオフさせて頂く場合がありますので、お帰りの際にお直しできるようにお持ちいただく事をオススメします!また、ラメの多いものですとまつげに付着してとれにくいとプレケアでお時間を頂くことになるので、なるべくアイシャドウは薄めの方がベターです。 ファンデーション、アイブロウなども大丈夫ですが、テープを剥がしたときに取れるので、アイシャドウ同様、お直しの道具を持って行くことをオススメします。

また、コンタクトレンズですがハードの場合は危険性を考慮して外してもらいます。ソフトレンズはドライアイの方は外すことをオススメしますので、どちらもケースを持参された方がいいです。 心配な事は予約の時の電話などでサロンの人に質問するときちんと答えてくれるので、気になることは前もって聞いてサロンに向かいましょう!!

施術後は4〜5時間目元は濡らさない方がいいので、マツエクのあとの予定はヨガやジム、エステなどは入れないことをオススメします。お風呂もその時間以降の入浴になるので、そこも考慮して予約の時間を決めましょう!!

つけたエクステを長持ちさせるには自まつ毛のケアも欠かせません。

マツエク施術後のアフターケアに関してはこちらの記事をご覧ください★マツエクを付けている方にオススメの商品もご紹介しています。

マツエクを付けたお客様が当日してはいけないNG事項、その後のお手入れ法で気にしてほしい4項目をまとめました。施術者がお客様の安全のために伝えておかなきゃいけない事や、持ちを良くするために気を付けてほしい事。意外と忘れてる事ありませんか??