大食いまつ毛デザイナー ナオミ・キャンベルのブログ

フィリピンのトイレ事情。セブではセブンイレブンを全力で活用すべし。

2017.8.22

Category - 

フィリピンに滞在し1週間が過ぎました。

1週間セブで過ごして気づいたフィリピンのトイレ事情です。

実はタイとの差がそんなにないフィリピンのトイレ。

タイのトイレ事情といえばあれです。

こちらのブログをご覧下さい→タイのトイレの使い方?!「こ、これで流せって?!?」

タイではお馴染みだった

 愛すべきガン。

(未だにデビューできてません)

基本的にはフィリピンも同じように、

・トイレットペーパーは流さずゴミ箱へ

・トイレの便座がない

・手桶でセルフ流ししてね

の三拍子は変わりありません。

手桶でセルフ流しとは

トイレにいかにも自然体で置かれている桶。

日本のように流すレバーが無いところはこれで自分で水圧つけて流してねみたいな感じです。

まだセブにしか滞在していませんが、フィリピンに来て気づいたのは、町中では便座が無い所が殆ど。

フィリピンの人は便座があってもその上に乗って和式みたいにするからすぐに便座が壊れてしまうそうで、女性が必要なあのカバーは付いていないところがほとんどです。

酔っ払ってトイレにでも行ってしまうと恐ろしいことになりそうです。

そしてもう一つは、タイのようにガンが無いところも多いです。

これが1番違う点かも。

東南アジアのトイレは水道管が細く詰まりやすい為にトイレットペーパーは流せずに備え付けのゴミ箱に捨てるのがルールです。
もちろん飲食店でもトイレットペーパーが備え付けられていない所が多いので、常に持ち歩くようにしましょう…。

そして今回セブで気付いたトイレスポット!!

セブシティのコンビニではお願いするとトイレを貸してもらえる!!

先月のタイでは日本と違いトイレの少なさに困ったのですが、セブシティではコンビニでトイレを貸してほしいと言うと中に通して貸してもらえました。

最悪ないところでも近くにどこにトイレがあるか教えてもらえます。

セブンイレブン最強です。

シティには、モールもたくさんあるのでモール内にはトイレがあります。

タイではどこか飲食店のトイレを借りるのにも何バーツか払わなければいけなかったり、何か商品を買ったりという感じでした。

フィリピンにはジョリビーというチキンのチェーン店がたくさんあってそこにもトイレがあるのでしれっと借りることも可能です。

そして少し話は戻ってフィリピンのコンビニ。

セブンイレブンがほとんどなのですが、大体のセブンイレブンには中と外で座れるところが併設されています。

中では禁止ですが外の席ではセブンイレブンで買ったお酒を座って飲むことが出来ます。

フィリピン人はご飯を食べるときにお酒を飲まないそうなので、屋台やローカルな飲食店にはお酒がないです。

ビールを買って、そこらへんの屋台で買ったものを食べてても大丈夫だったので、コスパは最強ということになります。

フィリピンのコンビニには警備員が在中しています。ドアを空けたり、外のテラス席を片付けたり、、、レジこそしないものの、

警備員の存在はどこか安心感が。

セブンイレブン様々です。

是非フィリピンに来られた際は、1番安く飲めるセブンイレブンをオススメします。

マニラもそうなのかな?

明日はマニラに飛びます。

スポンサーリンク

         

料金はこちら

カテゴリー