大食いまつ毛デザイナー ナオミ・キャンベルのブログ

タイ・バンコクの夜景を撮影しにタラートロットファイ・ラチャダーへ!!二人旅で一人になる寂しさと共に…

2017.7.12

Category - 

タイ滞在4日目。会話ゼロ。

着いた初日に購入したパソコンが調子が悪くSDカードが読み込めない状態に。それを巡って前日の夜に険悪な感じになり、翌日の朝を迎えてしまいました。

誰が悪けでもなく、お互い相手のせいだと思いたい状況。
タイにまで来て当たりたくないのに不穏な空気。

結局昼にパソコンを交換しに行ってくれたじゅんくん。とゆうより、「行ってきて」と言われたけど「行かないなら俺が行く」っていうからお言葉に甘えて、しれっと「あ、じゃあ行ってきて」と任せました。

帰ってきてからも微妙な空気。交わす言葉もなく、そのまま夕方になってしまいました。

勇気を出して話しかけました。

大食い「夜景撮りに行かない?」

旅人「一人で行ってくれば?」

あっさりフラれるオチ。
一人だしなー、明日機嫌直ってたらいこうかなぁ〜なんて思いながらも、それじゃ一体タイに何しに来たんだ私。と思い地元の人が教えてくれたスポットに一人で行くことに。

時刻は18時。

帰るのは夜になるだろうなと思うと何処か心細くなり、

大食い「ホントに行かないの?」

旅人「頭痛い。」
もう何も言えません。
昼間暑い中パソコンを交換に行ってくれたし、色々作業してるし甘えられないな〜と思い一人寂しく出発しました。
まず近くの地下鉄の駅まで歩くこと15分。
なんかめちゃくちゃ恐くなりました。
なんなんだこの恐怖感。

一人でバンコクの街を歩きながらふと思ったこと。
「あんなに一人旅好きだったのにいつからこんなに臆病になったんだろう。」

なぜか自分を襲う恐怖心。

知らない街を何も分からず歩く。

思えば南米に行ってから海外一人で行動するのが1年半ぶりでした。

かつて一人で旅するときは入念に計画立てる派&少し高くても安全で駅チカにしか泊まらない&宿には遅くても20時には帰るということを徹底していた私。

薄い情報と駅の遠さ、昨日通った時は19時で人通りの少ない道。

一緒にいるから大丈夫とどこでも安心しきってしまっていた昨日までは、あの頃と違う。

違う理由は頼れる人と二人旅になった事。

そしてご飯を食べる時も、移動する電車も、想い出も、一緒。

「あー、私じゅんくんに頼り過ぎてたんだな。」

コンタクトを入れて来なかった事を後悔。そんな小さなことを後悔しながらも、戻るのが悔しくて突き進む。

街の看板や標識が見えにくい。いつも視力の良いじゅんくんが隣に居てくれたから、目的地に迷わなかった事たくさんあったんだろうな。

どこ行きたい?って言われても、おすすめのとこでいいよって。自分で行き方調べず、ただ着いていくだけだったから任せ過ぎてたんだろうな…

そんな事に気づいてもっと早く感謝出来てたら当たられても当たり返すことなく1日平和に暮らせてたのかな、なんて反省しながらとぼとぼ歩くと駅に着きました。

タイの地下鉄は日本と同じぐらい発展しています。

目的地までの切符はこのようなトークンで渡されます。

何も書いてないから不安になる。

そして宿のあるphua lam 駅から電車に乗ること20分ほど。

(地下鉄の様子)

今回の目的の夜景が見えるというThailand culture centre駅に到着です。この時点ですでに19時前。

何となく駅にあったLAWSONを覗いてみました。

日本にはないフライの串と共にくまもんがいます。

ガリガリ君。人気なのかな?まぁまぁ占領してました。

そしてThailand culture centre駅の3番出口を出ると、ESPLANADEというショッピングセンターがあります。

中は洋服屋さんや病院やシネマがあってイオンみたいな感じです。

めっちゃつけまつげ売ってた。

お腹空いたなーなんて思いながら歩いてるとこんな看板が。

もしや100g99バーツって事なのかな?

黒毛和牛は聞いたことあっても黒豚ってなんなんだと思いながらも、安いのかよく分からず、よだれを飲み込みスルーし目指すは4階。

そして駐車場から見えるという友人の情報を頼りに店員さんに駐車場の場所を聞き辿り着いたのは…

なんともカラフルな屋台が光り輝いています!!

見た瞬間鳥肌が立ちました!!

この四角いカラフルな感じ…

まるで光り輝くフルーツの森のよう!!

タイだけに!!

参考:フルーツの森…

動画撮影でビデオカメラの色んな機能を試しながら自分の携帯でもどうやったらキレイに映るか色々試行錯誤してたらもう20時過ぎ…。

美しい夜景に別れを告げ館内のトイレに寄ってからマーケットへと向かいます。

ESPLANADE内のトイレは無料でキレイなのでマーケットに行く前におすすめです!!
一階の出口をでてすぐに裏手がマーケットになっています。

タラートロットファイ・ラチャダーへ。

入り口の看板がオシャレ♡

入り口付近にはガラス張りの美容室やタトゥーショップが並び、通路を挟んで食べ物の屋台が沢山並んでいます。

美味しそーなチキン!!!

なんと1つ10バーツ(約30円)!!

なんとも可愛いサイズの寿司があります。

こんな量で250バーツ(約750円)のエビに遭遇!!!食べたいけどこれに両手使ったら動画とれないしなーと悩んでると雨が降り始めて来ました。

一人じゃなかったら絶対食べてたエビー!!!

カメラが濡れない間に急いで色々動画を録りました。

ビール飲みたい…

帰り道一人だし何かあったときに酔っ払っててもな…と思うと何かが私をセーブさせました。

賑やかなマーケット。食だけでなく、洋服を売ってる店やバーもあります。

ただ人が多いからやっぱり荷物には注意です。入り口でも携帯の盗難に気をつけるようアナウンスが流れていました。

やっぱりここは外国なんだ、、。

じゅんくんにチキンでも買って帰ろうかな。と思いながらもテイクアウトできるお店に出会えず手ぶらで帰ることに。

駅につくと持っていった折り畳み傘を広げ、暗い道を歩く。

途中屋台の影にダンボールを敷いて寝てるおじさんにビビりながら歩いていると、向こう側から歩いてくる人が。

タイなのにあんなデカイ傘さす人もいるんだなと思いながらカバンを握りしめ近づくと、

と、止まった。

 

なぜか私の前で止まりやがるこの人!!!

 

もう絶対何かあるやんこの距離。

と全てを諦めた瞬間、

傘の中から見えたのは見覚えのある…

ホームレス!!!!
なんとじゅんくんが迎えに来てくれてました。

旦那に1番悲鳴を上げて驚いてしまいました。

コンタクト付けてこなかったことを後悔しました。

携帯も繋がらず連絡のとれない中、帰りが遅いから心配して探してくれてたみたいです。

優しいな。

今夜は大雨が降り雷がバンバン落ちてます。

何か関係してるのでしょうか。

二人共ご飯を食べてなかったので、夜ご飯を屋台でお腹いっぱい食べて宿に帰りました。やっと、ビールにもありつけた。

ムーピン(豚の照り焼き)

少しチリをかけると甘辛くいいビールのアテになります。

帰ったのは23時前。

疲れきった旦那は瓶ビール1本栓を抜いてすぐ寝た…もったいないので飲みながらブログを書きました…

なんか夜景の良さ伝えたかったのに違う話なっちゃいました。

とにかく!!

バンコクのおすすめ夜景撮影スポットはこちら!!

タラートロットファイ・ラチャダー
129 Ratchadaphisek Rd, Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400

https://g.co/kgs/2NtgkC

つまみ食いできそうな光るフルーツの森、ぜひパシャリしに行ってください〜★

スポンサーリンク

         

料金はこちら

カテゴリー