大食いまつ毛デザイナー ナオミ・キャンベルのブログ

【祝1周年】夫婦経営の美容室の最大の難点とは?

2017.4.1

Category - 

今日4/1でUp to youはオープンして1年を迎えました。

カオスなオープニングパーティーから早1年。

オープンの日のブログ↓

世界を1年半旅して”全財産10万だった男”が帰国3ヶ月後に美容室を独立開業したらこんなことが待っていた。 

時が経つのは本当に早いなと実感しています。

昨年2月。私が初めてUp to youに来たとき、奥の部屋についていた扉を壊す工事をしていた。

(工事後初期の頃のリビングスペース)

それから二人になり、4月のオープンに向けて、営業合間や営業後に作業。

じゅんくんの思うまま、手作りのお店が出来ました。

でもそれは完成ではなく、日々変化していて。

当時の私に出来たことは、それを記録に残す事とたまにペンキ塗りくらい

何か物を大きく移動させたいときは、「どう思う?」という相談あるのですが、小さなものなどは常に動いていたり。

お店に行くと、あれ?またなんな変わってる

みたいなのは日常茶飯事。

お客さんが変化に気付いてくれるのがじゅんくんもいつも嬉しそうでした。

そんなお店で今日は1周年のイベントがあります。

詳細はこちら→Up to you1周年パーティー!最後の大イベントです

3月中旬頃、

「お店の1周年なんかする?」ということを相談したのですが、二人共一致したのがゆるく過ごしたいということでした。

私達がお店にいて、ゲームでもしてるから、一緒にしたいかたはどうぞ。想い出がたくさんつまった場所でビールでも飲んでるので、一緒に飲みたい方はどうぞ。

くらいのノリでいんじゃない?と。

そういうところは一緒ですが、この一年間、お店は一緒にしても私達二人が悩んできた事は別々のことでした。

高円寺のお客さんがこないとかは一緒に悩んでましたが、、、笑

お客さんがいなかったこと、ブログが苦手だったこと、海外に行った時にできる事を探すこと、悩みすぎて、一年前自分でも病んでるんじゃないかと思うくらい気持ちが沈んでいた時期がありました。

1番近くにいるじゅんくんに理解してもらえなかったり、相談しても厳しい答えが返ってきて更に悩んだり、なんで1番近くにいるのに分かってくれないのと自分勝手にじゅんくんを責める気持ちでいっぱいになる時もありました。

でも全て自分で決めて、選んできた選択。

そう思うと、夫婦だろうが、お店のパートナーだろうが、相手のせいにしちゃいけない。

「夫婦で美容室やるってずーっと一緒だからすごいね」

一年間で何回も言われてきた言葉です。すごいねってゆうか、、、大変でした。

夫婦で美容室を経営していくなかで1番難しい事はプライベートでどんなにムカついても職場が一緒だということ。

分かってるでしょって甘えが出るし、話さなくて気まずくなっても他人じゃないから気を使うこともないし。他のスタッフがいるわけでもないので周りも気遣いすることもない。

夫婦で美容室をこれからしていくんです!!って方や、もうすでに夫婦で経営されてる方に出会うと、内心「すごいなー」って私も思っちゃいます。

私達はそれが無理でした。

ずっと一緒にいすぎて喧嘩が耐えなくなり、家出して奈良に帰った時もありました。

お店を続けるか別居か離婚かなんてぶっとんだ選択肢を二人で真剣に何時間も話したこともありました。

でもその時に、自分達のスタイルでやってけばいいという結論になり、ちょいちょい喧嘩しながら今でも一緒に過ごしています。

私は週2回、パートに行っています。大手企業系列のカット専門店です。

始めた理由は、お店にいる時間を減らすこと。

これだけ聞くとお店を追い出されてかわいそうな感じかもしれませんが笑

でもその中でもこの仕事を選んだのは、カットが出来るようになりなかったから。

「お店でカットすることないのにそこで働いて何になるの?」と言われようが、私はそれが自分の中でずっと途中でやめて後悔していた事だったから。将来じゅんくんにもし何かあって居なくなったとしても、出来ることは多いほうが自分の選択肢も広がる。

でも、あの時ずっとお店にいるという選択をしてたらいつまでも飛び込めなかった事だと思っています。

マツエクだってそう。初めは、個室っぽくもないし美容室にでかでかとベット出してこんな感じでいいのかな?とか不安だったけど、

それでもいいと思う人が今は来続けてくれているし、マツエクに来てもじゅんくんと話たり、いないときは女同士の会話で盛り上がったり。

ブログだってそう。ムカつくからお店に来るなと言われても、凹むどころか、ブログ集中して書けるラッキー♪ってくらい思えるようにもなった。

強くなったなぁ、、、私。

お店の形なんて自分のスタイルでいいと思うし、夫婦経営だって、全部二人でがんばろう!じゃなくて、強みは別々の方が相手を尊重できてうまく行くと思う。

それに、夫婦経営も悪いところばかりじゃないですよ!!

一緒にして良かったなと思うのは、成長してる姿を見れた事。(上から目線w) お母さんみたいな事言いますが、イロイロ悩んで凹んだり、喜んだり、外部の仕事もらって幸せそうだったり、そんな瞬間を見れて過ごせて良かったなと私は思います。凹んでるときに何も出来なくて辛いときもあったけど、回復するのを見たらその倍こっちも嬉しくなる。

確かにムカつくこともキレることも多い。それくらい自分でやって!って思うこともたくさんあるけど、それと同じくらい、一緒に過した時間の財産が増えたと思ってます。

それで良かったのかは分からないし、もしかしたらもっとケンカせずに過ごせたのかもしれない。相手がお店を一緒にした事に対してどう思ってるかは分からない。

でも、人として、嫁として、

この1年間で良い思いも、嫌な思いも色々したけど、しなかったより私の人生は豊かになったと思います。

お店の内装をいじるじゅんくんを見て、記録に残すことしかできなかった。

今その写真は過ごしてきた時間の小さな財産になっていて。

記録に残すことの重要性も知れたかな?それを学べたから次はそれを自分達の生活に活かしていきたい。

これからもきっと私達はスタイルを変えて生活していくだろうし、仕事もしていく。

「激動の1年だったね」

ともよく言われるけど、できれば毎年が激動の1年の人生を送りたいと私は思っています。

そんな私達のことやお店の変化を楽しみにしてくれてる友達や、この1年間で出逢ったたくさんのお客さんや、知り合った美容師さんに感謝です。まだ1年経ってないの?と思うくらいの人や、あの人元気かなぁーと思う人。出逢ったたくさんの方に支えられて、いろんな言葉をもらって生活してきたんだなと思います。

ありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします(*^^*)

夜のイベントは、お時間ある方はぷらっと寄ってくださいね〜\(^o^)/

スポンサーリンク

         

料金はこちら

カテゴリー