【注意】マツエクの資格に必要なのは国家資格の美容師免許のみ。無しは違法になります。

今日はマツエク施術の資格について。

マツエクの仕事に興味がある方はもちろん、お客様としてもサロンを選ぶときに施術者がちゃんと美容師免許があるかどうかは確認してほしいところ。




マツエク施術に必要な資格って?

先日お客さんから質問されました。

「マツエクって免許いるんですか??」

私達マツエクの施術者(アイデザイナーと呼びます)は当たり前に知ってることですが、一般の方は知らないのが普通なんだなぁと思いました。

マツエクの施術には美容師免許が必要です。

ではどういった経緯で美容師免許が必要になったのか?

それは無免許による施術者の技術により、トラブルが多発し、消費者センターなどにも問い合わせが増えるということが相次ぎ、書類送検や逮捕されるということが出てきてしまった為でした。そして2008年にマツエク施術には美容師免許が必須になりました。

ではなぜマツエク資格ではなく美容師免許なのか?

まず、 美容師法第2条第1項の規定において、

「美容」とは、「パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう」とされており、通常首から上の容姿を美しくすることと解している。「まつ毛エクステンション」は同法第2条第1項に定める「美容」に該当する。

 とされています。日本の美容師法では首から上の領域は“美容領域”と定められているからなのです。 そして、 同法第6条において、

「美容師でなければ、美容を業としてはならない」とされていることから、美容師免許を取得していない者がまつ毛エクステンションのように「美容」に該当する施術を一部であっても行うことは同条に違反する。なお、同法第6条でいう「業」の解釈については、「反復継続の意思を持って理髪又は美容の行為を行う者は、その対象が特定であると不特定であるとを問わず、又営利を目的とすると否とを問わず、必ず理髪師又は美容師の免許を受けた者であること」とされており、照会書にある内容が業に当たる場合、これを美容師免許を持たない者が行うことは同条に違反することとなる。

つまり、施術を行いお金をもらうという行為は、“美容の業”とみなされるため有資格者しか行ってはいけないということです。

ここでポイントになることは、マツエクスクールや協会が発行しているディプロマや資格のみを保持しても施術は違法ということです!

そしてこちらは先日厚生労働省のページで見た情報です。

スクール修了生が、同社の施設内でスクール修了後一ヶ月程度まつ毛エクステンション施術の一部を行うことが、美容師以外に美容を業とすることを禁止する美容師法第6条に抵触するか否かについて照会がありました。

簡単に言うと、美容師免許のない生徒がスクールで卒業し、併設されてるマツエクサロンで働くのは違法か?

と言うことですよね。

経済産業省と厚生労働省が検討を行った結果の回答が、違法になるというものだったのです。

つまり、スクールを卒業しても美容師免許がなければたとえスクール経営のサロンであってっも、施術することはできません。

美容師免許を保持してなくてマツエクの仕事をしようなどと考えてる方は、違法になりますのでご注意ください。

マツエクの仕事を始めるには

なかなか美容師免許をとってからマツエクの仕事を始めようと思うと時間がかかると思います。

マツエクの仕事をするために美容学校に約200万ものお金を払って通うのってどうにかならないのかなと思います。

先ほどの厚生労働省の公表した記事を読んで色々調べてみたけど、まだまだマツエクのコースがしっかりとある美容学校は少ないみたいです。

最短でアイデザイナーになるには、高校に通いながらスクーリングして卒業して、美容師免許もらって同時に就職。という美容師と同じルートですが、無資格かつ社会人の方が転職でとなると、なかなか選びにくい仕事にはなるかと。

ただどうしても美容師免許を持っていないと違法になってしまいますのでそこは要注意です。

昔美容師をしていたという方でも、まずスクールに行く時間とお金を確保するのが第一関門になりますね。もともと美容師免許を持っている方は、マツエクの会社に未経験として勤め始めるか民間のスクールに通って技術を覚えるしかありません。

最近見つけたのはマツエクの通信教育。ついにマツエクも通信教育で学べる時代が来たようです。

これなら美容師免許は持ってるけど退職して子育て中で次はマツエクの仕事に就きたいお母さんや、専門学校を卒業後デビューを早くしたい学生さんはスクールに行く時間を縛られないのでいいかもしれないです。

マツエクを始めたきっかけ

私自身の転職のきっかけは、ヒドかった手あれと美容師を一度離れてみたかったからでした。

なんの仕事に転職しよう?と考えた時に2つの選択肢が浮かびました。

①これから無くならないものに関わる仕事→携帯電話に携わる仕事→早いところでショップ店員さん

②今持ってる資格を活かせて海外でも出来る仕事→ネイリストかアイデザイナー→美容師免許があるのでアイデザイナー この2つで迷ったのですが、私の中では海外に行ったときに自分の出来ることを増やすと言う意味でもアイデザイナーを選び、転職しました。

実はそれまでマツエクを自分自身がつけたことなかったんです!!から

面接の1週間前くらいに初めてつけにいって、、、笑 今思えばどんな仕事か見たこともなく、感じたこともないのによく飛び込んだなと思い出す。。。

飽き性だからずっと同じ作業の繰り返しとかどうかなと思って不安でしたが、でも実際仕事を始めてみればおもしろくてしょうがなかったです。

何かを作ることが好きな人、懲り性やマニアックな人におすすめの仕事です。

それでいて人をキレイにして喜んで貰えるなんて素敵な仕事です。 夫婦で美容室を開業しようと思っている方にもぜひおすすめしたいです。

私は今は美容師もしながらマツエクの仕事も出来るので最高にハッピーです。 いつか子供ができても自分のペースで続けていきたいと思っています。

マツエクサロンもいくつかのサロンで働き、いろんな方法も見れて、ベストのやり方を自分で見つける事もできたのも良かったなと思います。

なかなか新しい事を始めるのは勇気がいりますが、一人一人違う目元を最初から最後まで作っていくという施術のマツエク、結構面白いですよ!!

マツエクがどんな仕事か知りたい方や、美容師で始めてみようかなと迷っている方はこちらのまつ毛エクステンション認定講師資格取得講座もおすすめです。 【資料は無料請求】できます。