高円寺立ち飲みなら【七助】がオススメ!レトロな店内でせんべろ

約1年前高円寺に引っ越してきてからよく行く立ち飲み屋があります。 今日は“本当はおしえたくない”立ち飲み屋をご紹介します。




中通り商店街【七助】

南側に住んでいるため、帰り道についついフラっと寄ってしまう立ち飲み屋。それが立ち飲み 七助

高円寺駅からも近く、お店も見つけやすいです。県外や海外の方がくるとまず連れていくのが七助。

のれんをくぐりお店に入ると、レトロすぎる店内にドリンク表や数々のポスターが。

ちなみに1番安いのは日本酒の250円。

私はいつも梅サワー、旦那はウーロン杯を飲みますが結構濃いめで出るときはなかなかいい感じに酔っぱらっています。

七助は魚系のアテが食べれるお店です。 肉好きの私でも、『魚とお酒最高ー!!』 ってなるくらい美味しい。

なぜなら大将は元板前なのです。(お店に貼ってある記事で読んだ)

メニューは日によってちょっと変わるけどこの日はこんな感じ↓

お気に入りはカマの塩焼きとあんきも。

刺し身と焼き魚は何食べても美味しいです。

この日はメニューにありませんが、七助のお寿司は一度食べるととにかくハマる!300円くらいでその日のネタが3巻出てきます。

早めの時間に行かないと売り切れてる率高め。

大好きなあん肝♡ あん肝嫌いだった旦那も『臭くない』と気に入り、取り合いになる1品です。 七助は夕方17:30頃〜朝4時までオープン、定休日は日曜日です。

愛想はないけど笑うとカワイイ大将が一人できりもりされています。

いつかこんな立ち飲み屋を海外で作りたいなぁ〜とか行く度思っちゃいます。 間違いなく高円寺で思い出の場所になってます、すでに。

純情通り商店街 晩杯屋

次は純情商店街にある 晩杯屋という立ち飲み屋。

チェーン展開されているお店のようで、いつも前を通ると人がいっぱいで週末は特に早い時間から賑わっています。 そして先日カウンターが空いていたので初めて入店してきました♪

や、安い。

噂通り確かに安い。

100円台のおつまみが多くて、さすが高円寺住民がこれだけ集まるわけだ。

カツオのたたき(180円)

(煮込み130円 あん肝150円←やっぱり頼む) 量は1人前でこの値段なので、二人でつまむくらいならちょうどでイロイロ頼めるからいいかも。

ちなみに大盛りレバホルモン(レバーの唐揚げみたいなの)はさすが大盛りと書くだけあって、1つ頼んでも2人前くらいあってお得感がありました。

お食事は申し分ない値段で、感動するほどじゃないけどそれなりに美味しい レバフライ(130円)があんまり他のお店でも食べたことないメニューで気に入りました。 ちなみに飲み物はこちら

酎ハイとか250円で普通に大ジョッキで出ててきます。コスパ最高!! ちなみにこのメニュー、ひとつツッコミどころあったの気付きました??

ロマネ・コンティ ¥2057000〜 真面目な店内、メニューでなんでここだけボケてるのか謎だけどウケてしまいました(笑)

南側 千吉良屋

ちぎらやと読む高円寺駅南側にある立ち飲み屋は2017年8月にオープンしたお店。

広島出身の対象が一人で切り盛りされてます。 店内はカウンターに立ちで7名くらいがMAXかな??

店内には鉄板が敷かれてあり、名物の広島焼を180円(1/4カット)から食べることができます。 ですがこの広島焼のオーダーには要注意!!

一人1回しかオーダーできないのでたくさん食べたい人はあらかじめ大きめを注文したほうがいいです。 メニューはこんな感じ。

広島焼はもちろん鳥モツカレー煮美味しかったー!らっきょがまたいい感じ。

せんじがらという広島のおつまみ(ホルモンを上げたおつまみ)も味が濃くてつまみにはピッタリでした。

ビアタンビールは130円で瓶ビールを飲むときの小さめのグラスでいただくことができます。

まずはビールをクッと飲みたい方にオススメですね。

今回は高円寺の3件の立ち飲み屋をおススメしてみましたが、どこも立ち飲み屋っぽいキャラの濃い大将や店員さんが働いていますw

レトロな昔からある感じ、美味しいお魚なら七助、 リーズナブル、店内のキレイさで行くなら晩杯屋、 メニューのバラエティ豊かさ、名物広島焼を食べるなら千吉良屋。 3件はしごもありかも?!

私の一番のお気に入りはなんといっても七助です。

返事のない大将、でも料理はちゃんと出てくる。

愛想のない接客も、行き続けると最後退店時に唯一見せる笑顔がいとおしく感じます★(笑)

ぜひおすすめの立ち飲み屋巡りしてみてくださいね!